慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 8: 副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症治療継続中(3才5ヶ月 11/29)

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC07984_thumb.jpg   
 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症で、ずっと継続して耳鼻咽喉科へ


通っています。

 


 珍しく冷たい雨が降る夕方で、耳鼻科は空いていました。

 

 


 いつもは混んでいて時間が取れないので、空いていると先生は


一人一人ゆっくりと診て、お話されるので、待ち時間などは


いつもと変わりません。

 

 

  

 娘は、火曜日の夜から飲み始めた抗生物質、フロモックスが


すぐに効いて、1日で、緑のお鼻から透明のお鼻に変わりました。

 


 先生に、


 「お鼻がすぐ透明になって、結構良くなりました。」


とお話しましたが、鼻を吸いだしてみるとまだ出てきました。

 

 


 それで、やはり、弱いお薬、この間まで飲んでいた


 クラリスという抗生物質に戻して、あと1週間飲みましょう


という事になりました。

 

 

 保育園では、なかなか鼻をかんで出すという事が出来なくて


 「今日はお鼻かんだ?」


と、毎日、確認するのですが、


 「ううん」


と答えるだけで、滅多にかんで来れません。

 

 

 家ではお鼻を吸い込んでいる音を聞くとすぐに


 「吸わないで出して!」


とお願いして、両方のお鼻を、そのままの状態で


ふーーーん、ふーーんと出してもらって、


口まで垂れたお鼻をティッシュで後からふき取っています。

 

 

 片方のお鼻を指で押さえると、もうかみたがらなかったり、


 「出ない!」


と強い口調で主張したきり、鼻をかむこと自体がおしまいに


なることが多いです。

 

 

 それで、出さないでおしまいになるよりはと、鼻を押さえたり、


ティッシュを鼻の前に持って来たりする前に、そのまま出して


もらっています。

 

 


 でも、この方法だと、目の前にいると鼻水が飛んで来ます。

 

 


 勢い余るとお洋服に垂れて落ちる事もありますし。

 

 

 保育園ではやってはいけないかみ方としておこられたり


しているのでしょうか。
 

 


 とにかく、今は出すことが、最優先課題です。

 

 

 前回処方していただいたお薬、抗生物質のフロモックスは


4日分でした。

 

 

 丁度お薬がなくなったところなので、今日の夜からまた


クラリスに戻りました。

 

 

 

 お薬が変わってみて気付いた事は、


 クラリスは、お水に溶けやすくていいという事です。

 

 


 ごくごく少量のお水にさっと溶けます。

 

 

 

 フロモックスは、ぷかぷか浮きましたねー。

 

 

 

 8割しか飲めてないのでは?という位コップにくっついてし


まっていました。


 

 

 

 これでお薬が効かなかったら?と随分心配しました。

 

 

 

 それで、お薬がお水にさっと溶けるクラリス戻って、


少しほっとしています。

 

 


 娘は、フロモックスも飲むのを嫌がりました。

 

 

 せっかく混ぜても苦味が出ないお薬の組み合わせだから


1回で飲ませられると思って、ぬか喜びしたものの、


 「混ぜないで飲む!」


と言い張ったので、別々に飲ませていました。

 

 

 これだったら、クラリスの方が飲ませやすかったわと


思ったぐらいでした。

 


  

 次は一週間後に慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症の診察です。

 

 「また途中で悪くなったら、その前に受診して下さい」


と念を押されました。

 


 緑のお鼻が沢山出て、沢山お鼻をかめた事など


ちっとも良い事ではなかったとよく分かったので、


今度緑のお鼻が沢山出てきたら、すぐに受診します。

 

 

 緑のお鼻が出たら、次の日の予約を取って受診!ですね。

 


 予約が一杯だったら、ずっと遅い時間でもとにかく予約を入れて


早い時間に行けばすぐ診て貰えると分かりました。

 

 

 1ヶ月程前に実験してみた結果です。

 

 

 

 この辺りの対応は、病院によって全然違いますね。

 

 

 

 保育園では、半年に1度の健康診断がありました。

 

 

 でも、特に何も言われませんでした。


 

 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症は、小児科の先生には


見逃されてしまうんですね。

 

 


 少なくとも、うちの最寄の4つの小児科では、慢性副鼻腔炎


(ふくびくえん)=蓄膿症と診断された事は一度もありませんでした。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kari777.s354.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/153

コメントする

仲間が沢山
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
スポンサードリンク

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル
 
 

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年1月19日 11:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 7: 副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症悪化(3才5ヶ月 11/25)」です。

次のブログ記事は「慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 9: 副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症はあと一週間(3才5ヶ月 12/4)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en