慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 4: 副鼻腔炎と中耳炎ほぼ完治(3才4ヶ月 11/4)

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC08474_thumb.jpg 
 副鼻腔炎(ふくびくえん)と中耳炎は治っているでしょうか。

 

 今日は、降園後に耳鼻咽喉科へ行ってきました。

 

 この3連休で、かなり、お鼻を出してもらうことに成功して、


大量のお鼻をかんだので、随分良くなったのでは?と期待して行きました。

 


 先生にも、最初に、そのようにお話すると、早速診て下さいました。

 

 「右耳は、きれいです。」


 「左は、水がたまっていたのが、抜けました。」


 「随分良くなって、中耳炎は治ったと言っても差し支えないぐらいです。」


 「ただ、ここでお薬をやめてしまうと、再発する事が多いので、


  お薬は、少なくともあと1週間は飲み続けて、


  来週また診せて下さい。」


 「その時に綺麗に治っているのを確認しましょう!」

 

 との事でした。

 

 もう1週間お薬になりました。

 

 娘は、調剤薬局でも、


 「おいしくないの!」


と、同じお薬を、あと1週間も飲むのを嫌がっていました。

 

 

 家に帰ってから、もう一度、お薬を飲む必要性について


よーく説明したら、一応納得してくれました。

 

 

 調剤薬局で、クラリスは特にムコダインとは相性が悪く


混ぜるとにがくなるので、ムコダインを先に飲んで、一旦お口を


すすいでから、クラリスを飲む方がいいと教えていただきました。

 


 今までは、娘がクラリスを嫌がるので、


 嫌がるクラリスを先に飲ませてから、コップもお口もすすいで


 ムコダインを飲ませていました。

 

 

 逆だったんですね。

 


 ちなみに、ムコダインはとってもおいしいそうです。


 ただ、お水に溶けにくくて、溶けないと言ってもいい位


コップに残ります。


 
 ムコダインはシロップの方が良さそうですね。

 


 さて、またあと一週間、せっせとお鼻を出すように言って


お鼻を出してもらってふき取ったり、お薬を2回に分けて飲ませる


生活が続きます。

 

 

 娘は9月の最初から、小児科で間違ったお薬を処方されて


お薬を飲み始めたので、これで2ヶ月半は、お薬を飲み続ける


ことになりました。

 


 長いです。


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kari777.s354.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/142

コメントする

仲間が沢山
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
スポンサードリンク

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル
 
 

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年1月14日 10:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蓄膿症体験談 番外編 2: 耳の穴が小さく三半規管が弱い蓄膿症の夫」です。

次のブログ記事は「慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 5: 副鼻腔炎完治?(3才4ヶ月 11/11)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en