慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 3: 副鼻腔炎(ふくびくえん)からの中耳炎(3才4ヶ月 10/28)

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC08480_thumb.jpg 
 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症の為に、3才4ヶ月の娘は中耳炎になって、


少し長引いています。

 

 

 

 最初に1ヶ月半かかるかもしれないと言われていたので、もう1週間


様子を見ます。

 

 

 

 今出ているお薬、抗生物質は、1週間前に変わったクラリスです。

 

 

 

 クラリスは他のお薬と混ぜると苦味が出るので、2度に分けて


飲ませるのがちょっと大変です。

 

 

 

 混ぜなくても、クラリスだけでもおいしくないようで、


娘はいつもいやいや飲んでいます。

 

 

 

 10/21


 10/28



 処方していただいたお薬



 何れも朝晩2回7日分


 

クラリシッドドライシロップ 10%小児用 100mg 0.8g


 抗菌薬

 

 

ムコダインDS 33.3% 1.4g


 去痰剤
 

 


ノイチーム細粒 20% 0.4g


 消炎・去痰剤

 


オノンドライシロップ 10% 1g


 気管支喘息治療


 

「*クラリシッドドライシロップとオノンドライシロップは、


一緒に服用すると相互作用が出ることがあります


 服用中に体調の変化があったらすぐに受診して下さい。」




と、お薬手帳に貼るシールに注意書きがありました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kari777.s354.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/135

コメントする

仲間が沢山
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
スポンサードリンク

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル
 
 

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年1月12日 11:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 番外編: 大人の蓄膿症・いびきの正体と止め方」です。

次のブログ記事は「蓄膿症体験談 番外編 2: 耳の穴が小さく三半規管が弱い蓄膿症の夫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en