慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 2: 副鼻腔炎(ふくびくえん)から中耳炎に(3才4ヶ月 10/17)

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC04109_thumb.jpg 
 
 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症(ちくのうしょう)と、3才4ヶ月の


娘が、3日前に耳鼻科で診断を受けました。

 


 家で朝晩2回は必ず鼻吸い器で鼻を吸いだす事が、慢性副鼻腔炎


(ふくびくえん)=蓄膿症(ちくのうしょう)を早く治すには1番良い


との事でしたが、ねばっこいお鼻は鼻吸い器で吸っても大して出て


来ませんでした。

 

 

 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症(ちくのうしょう)と診断されて


から3日間お薬を飲んで、また耳鼻科へ行きました。

 


 先生の予想では、今日で抗生物質は終了して、ちょっと長めのお薬を


処方しようとのお考えだったようです。

 


 お耳の奥にカメラを入れて見てみると、何と、「中耳炎」になって


いました。

 


 中耳炎はまだ初期でした。

 


 中耳炎になっていては仕方がないので、同じお薬が、また4日分


出ました。

 


 「お鼻は結構良くなっているんですけれどね」


と、先生はとっても残念そうでした。

 


 これからは、なるべく娘が自分で鼻をかむように、そして、きちんと


全部鼻を出すようにと、しつこく声を掛ける事に気をつけて、生活して


行きたいと思います。

 

 お風邪が長引いているのは、今回に限りません。

 

 娘はいつもお風邪をひいている状態だと思います。

 

 今までも、何度も、耳鼻科の先生にも、そうお話して来たの


ですが、耳鼻科の先生からはいつも、


 「風邪は、そんなに長くは続かないので、また新しい風邪を


もらったんだと思いますよ!」

 

と言われるだけでした。。

 

 今回、小児科で間違ったお薬を処方された事で、慢性副鼻腔炎


(ふくびくえん)=蓄膿症(ちくのうしょう)がひどくはなりましたが、


結果的には、耳鼻科でレントゲンを撮ってもらえることになって、


慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症(ちくのうしょう)とはっきり


分かったので、良かったと思います。

 


 レントゲンが撮れたのは、もう3才になっていたからという事も

ありました。
 


 これで、もし今後お腹をこわしたりなどして小児科に行くことが


あっても、小児科の先生に、


 「慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)です」


とお伝えする事が出来れば、もう間違って、お鼻をねばねばにする


お薬を処方される事もなくなるでしょうか。

 


 間違ったお薬の名前だけでも覚えておいて、○○は処方しないで


下さいと言ったほうがいいのでしょうか?

 


 今、お薬手帖を見てきました。

 

 「ぺリアクチン」でした。

 

 3才4ヶ月になるまでの間に、何度も処方された事がある、見覚えの


ある名前です。

 


 「ぺリアクチン」は処方してもらわない様に、よく気を付けたいと


思います。


 

 今日処方していただいたお薬です。

 


 内容は前回と同じす。


 
 朝晩2回の4日分でした。

 


 ・ビオフェルミンR 1g


   整腸剤



 ・ワイドシリン細粒200 200mg 3g
 

   抗菌薬

 


 

 ・ムコダインDS 33.3% 1.4g


   去痰剤



 ・ノイチーム細粒20% 0.4g


   消炎・去痰剤
 


 ・アスベリン散10% 0.3g


   鎮咳・去痰剤



 ・オノンドライシロップ10% 1g


   気管支喘息治療薬

 

 

 ビオフェルミンとワイドシリンで1袋に、残りを1袋にまとめて


ありました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kari777.s354.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/132

コメントする

仲間が沢山
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
スポンサードリンク

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル
 
 

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年1月10日 16:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談: 3才でレントゲンを撮ってようやく副鼻腔炎(ふくびくえん)と確定(3才4ヶ月 10/14)」です。

次のブログ記事は「慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 番外編: 大人の蓄膿症・いびきの正体と止め方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en