慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 16: 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症のお薬再開?(3才7ヶ月 1/17)

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC07676_thumb.jpg
 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症のお薬は中断して、


高熱のお風邪用のお薬を出していただいて、ようやくお熱は収まって


昨日は登園出来ました。

 


 でも、まだ完全には治っていなくて、鼻水とお咳が少し出るのと、


お風邪が治った後は、慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症のお薬をどのように


飲んだかいいのかなどを確認したくて耳鼻科に行きました。

 

 


 耳鼻科で診て頂くと、もう随分良くなっているそうです。

 

 

 それで、お咳のお薬だけ出していただいて、


お正月に飲み残している、お薬の、クラリスとセットになっている方ではなく


もう1袋の方のセットを飲む事になりました。

 

 

 前回のシロップは、もう1週間経っているので処分しましょう


との事です。

 

 

 先生は、てっきり、前回のシロップは飲み終えているものと思って


いらっしゃいました。

 


 先生から、慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症のお話が出てこなかったので、

 

 「ところで、今回のお風邪が完全に治ったら、副鼻腔炎(ふくびくえん)の方は


  どうしたらいいのでしょうか?」

 


 「お咳のお薬は4日で終わって、その後、1度超音波で確認するのか、


  それとも、飲み残したお薬をもう少し飲んでから超音波で


  副鼻腔炎の確認が必要でしょうか?」

 


と聞いてみました。

 

 すると、先生は、お薬は4日間飲んだら終わりで、副鼻腔炎(ふくびくえん)の方は


10日の時に超音波でうつらなかったから完了していると、カルテを見ておっしゃいました。

 


 え?

 

 前回10日に超音波をしたという話を一緒に行った夫からは聞いていません。

 


 超音波には映らないけれど、まだお鼻が出たから、普通にお鼻の


風邪を治すお薬が出たという事なのでしょうか?

 

 

 頭が混乱しながら、待合室に戻って、前回、10日の事を夫に確認しました。

 


 すると、夫も娘も、10日に超音波はしていないと言います。

 

 

 娘は、その後高熱を出して2度も耳鼻科に来ているので、10日にどうだったかという


記憶はあてになりません。

 

 

 夫は10日以来だったので、聞いてみたのですが、

 

 「もう覚えていないし、カルテに書いてあるなら10日に超音波をしたのかもしれない」


と言います。

 

 

 夫は記憶力がないので、そんなに前の事はもうさっぱり思い出せないようです。


 

 でも、よく考えたら、超音波って、特別な事なので、したらしたと分かるはず


なんですよね。


 

 

 妊娠中に夫が娘の超音波画像を見た事だって、1度しかなかったのですから。

 

 

 先生も、カルテ以外の記憶はもちろんないので、後は私の記憶だけですが、


あの時は一緒に行っていないのでどうしようもないです。

 

 

 あと4日、今回のお咳のお薬と、飲み残したお薬を飲んで、完全に治ったら終了、

 

またお鼻が出たら、耳鼻科へという事になりました。

 

 


 またすぐにそんな機会は来ると思います。

 

 

 その時こそ、そのお風邪が終わったら、超音波で確認してもらって、


この眼で、副鼻腔炎(ふくびくえん)が完治している事を確認したいです。

 

 

 あと、先生は、


 「副鼻腔炎(ふくびくえん)が見逃す程度だった」


ともおっしゃっていました。

 


 なかなか私が納得しなかったので、おっしゃったお言葉でした。

 

 

 それにしても、夫に耳鼻科へ連れて行ってもらうと、楽でいいのですが、自分で


行かないと状況がよく分かりません。

 

 

 「もう慢性副鼻腔炎(ふくびくうえん)=蓄膿症(ちくのうしょう)は


完治した」という風にはとても思えないので、しばらく様子を見てみます。

 


●今回お咳で処方していただいたお薬

 

・アスベリン散10%  0.3g


 鎮セキ、去痰剤

 


・メチエフ散「純正」10%  0.3g


 咳止め、抗アレルギー剤 

 

 

●慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症で前々回、お正月休みに大量に

 飲み残していて、今回一緒に飲むお薬。

 

・ムコダインDS 33.3%  1.4g


・ノイチーム細粒 20%  0.4g


・サジテンドライシロップ 0.1%  0.8g

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kari777.s354.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/186

コメントする

仲間が沢山
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
スポンサードリンク

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル

 

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年1月30日 10:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 15: 高熱で慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症の治療中断(3才7ヶ月 1/13)」です。

次のブログ記事は「管理人のご紹介」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en