慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 15: 高熱で慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症の治療中断(3才7ヶ月 1/13)

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC07941_thumb.jpg
 2年ぶりに高熱が出たので、慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症


治療は一旦お休みしています。

 


 高熱が出たのは、丁度祭日でした。


 

 必ずそういう日に当たりますよね。

 


 翌朝、まだ38度台のお熱があったので、朝一で耳鼻科に行きました。

 


 耳鼻科に隔離室はないので、奥のベッドとカーテンのスペースで


待つようにと、すぐに中に通してもらえました。

 

 

 まずは、2,3人待って、ようれん菌の検査をしました。

 

 

 喉の奥に、よくお薬を塗る時に使う、大きめの麺棒を


入れて、喉の奥の組織を取るのでしょうか。

 

 

 検査の結果が出るまでの間、また、奥のベッドにカーテンを


しっかりと引いたスペースに戻って待ちました。

 

 

 10分位程待つと、ようれん菌の検査の結果が出て、


ようれん菌ではない事が分かりました。

 


 まずは一安心です。

 

 

 そこで、インフルエンザの検査はしなかったので、


先生に質問してみると、

 

 「インフルエンザの可能性はきわめて低いです。」


 「それに、この段階で検査をしても、結果が出る事が


  少ないです。」

 

との事でした。

 

 

 普通のお薬が4日分出ました。

 

 

 そして、最後に先生は、

 

 「もし、1日で熱が下がったとしても、もう1日ぐらいは


  家でゆっくり休んだ方がいいと思いますよ」


と、よっぽど無理をさせるママが多いのか、そんな風に


やさしく笑顔でおっしゃいました。

 

 

 よっしーは、副鼻腔炎(ふくびくえん)で処方していただいて

 

お正月休みに飲み残していたお薬が沢山あるのですが、

 

一旦それを置いておいてそちらのお薬を飲むことになりました。

 

 


 月曜日には、飲み残したお薬から1つ飲んでいたのですが、

 


その中で、サジテンは、高熱の時には、あまり

 

飲まない方が良いお薬だと先生に教えていただきました。

 

 

 

 高熱が続いている間は、さすがに泣いたり、ぐずったり、


だっこだっこで、過ごしました。

 

 

 解熱剤は特に処方していただかなかったのですが、

 

 2日半で7度台までお熱が下がって、

 

 

 結局は4日保育園をお休みして、家でのんびりしました。

 

 


 祭日にお熱が出た日を入れると、丸5日ゆっくりしました。

 

 


 6日めの朝も、朝起きて全く準備をする気配がなくて、

 

今日もお休みかと思われましたが、

 

前の晩、お友達のママからお見舞いメールをいただいていて

 

それに気付いて読んで聞かせると、急に元気になって

 

超特急で朝食を食べて、お薬を飲んで、お着替えをして

 

出発出来ました。

 

 

 

 お熱は36.9度あって、平熱が36.3度の娘は

 

まだまだ平熱とは言えませんでしたが、

 

お友達にやさしい言葉を掛けてもらったりして

 

調子をくずる事なく無事に1日過ごして来ました。

 

 

 

今回、高熱が出た時に処方していただいたお薬は、

 


・ビオフェルミンR 1g


・ワイドシリン細粒200 200mg 3g


・ムコダインシロップ5% 8ml


・レフトーゼシロップ0.5% 8ml


朝夕2回で4日分でした。

 

 

自分で、熱で菌を殺して欲しかったので、解熱剤は全然


飲ませませんでした。

 

 

先生も特に処方しませんでしたし、希望も聞かれませんでした。

 

 


高熱の時、せめておでこに貼るタイプのシート位はと思ったのですが、


娘は、あのシートを貼っている感覚がものすごく気持ち悪いみたいで


嫌がったので、一瞬ではがしました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kari777.s354.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/181

コメントする

仲間が沢山
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
スポンサードリンク

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル
 
 

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年1月29日 11:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 14: 高熱で慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症のお薬中断(3才6ヶ月 1/11~1/12)」です。

次のブログ記事は「慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 16: 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症のお薬再開?(3才7ヶ月 1/17)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en