慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 10: 副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症の治療終了(3才6ヶ月 12/15)

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC05555_thumb.jpg 

 慢性副鼻腔炎(ふくびくうえん)=蓄膿症もいよいよ完治か


という時に水疱瘡にかかりました。

 

 

 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症のお薬と、水疱瘡のお薬は


同時に飲んでも大丈夫との事で、水疱瘡で自宅から出られなかった


間にも、慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症のお薬はきちんと飲めて


いました。

 


 そして、水疱瘡が長引いて、次の耳鼻科へ行く日にはまだ


外出禁止だったので、お薬がなくなってしまって3日が過ぎました。

 

 

 ようやく伝染病隔離生活も終わりになって、すぐに耳鼻科に


予約を入れて行きました。

 


 10日ぶりになるでしょうか。

 

 予約があったので、すぐ呼ばれました。

 

 診察の結果、


 今回は、超音波で見てみて、OKなら終了という事になりました。

 


 

 ようやくです。

 

 

 ここまでが長かったです。

 

 

 久しぶりの超音波画像です~。

 

 

 娘は、超音波の器械の方へ移動する時、


 鼻と口からの吸引だと思い込んでいて、


 反対の方向へ進みかけていました。

 


 

 超音波画像で見てみると、


 副鼻腔(ふくびくう)の部分にようやく空洞が見られました。


 

 

 はじめて空洞が見えました。

 

 

 今までは、副鼻腔(ふくびくう)が真っ白で、空洞が


なかったんです。

 

 

 ただし、副鼻腔(ふくびくう)の下の方に、真っ白いすじが、


副鼻腔(ふくびくう)の下、1/10程度の幅で、左右に両方とも


出ていました。

 


 完全になくなってはいなかったんです。

 

 

 超音波が終わると、娘には、お鼻とお口から


お薬を吸引していてもらって、その間に


お席の方へ戻って、先生からお話がありました。

 

 


 副鼻腔(ふくびくう)の下の方の真っ白いすじは、


粘膜がかなり腫れているという事だそうです。

 


 完全に治っていませんでした。

 


 先生は、

 

 「レントゲンを撮っても、


  粘膜が腫れているのが映ります」


とおっしゃっいました。

 


 

 完全には治っていなくて残念です。

 


 

 これで、まだまだお薬を続けるのかしら?と


 先生のお言葉を待っていると、


 先生は、少し悩んだ末に、

 

 「症状(お鼻)が治まっているので、


  お薬は終了しましょう!


  完全に治った訳ではないので


  お風邪をひけば副鼻腔(ふくびくう)


  すぐに再発してしまいます。

 

  春までお風邪をひかないように


  手洗いうがいをしっかりして


  頑張って下さい!」


と、にこやかに力強くおっしゃいました。

 

 

 そして、


 「もしお風邪をひいて、


  鼻が出たら、すぐに来て下さい


  すぐぐらいが丁度いいと思いますよ。」

 

との事でした。

 

 

 お薬が終わって、治療が終了した事は、とても嬉しいの


ですが、完治していないので手放しでは喜べません。

 

 

 保育園に通っていて、春までお風邪をひかない


などという事は考えられない事なので、


またお鼻が出始めたら、今度は、小児科ではなくて、


すぐに耳鼻科に行く事にしてみます。

 

 

 とりえず、慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症治療


これで終了しました。

 

 

 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症完治せず!ですね~。

 


 これで終わりのはずはないので、完全に治るまで試行錯誤して


行きたいと思います。
   

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kari777.s354.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/159

コメントする

仲間が沢山
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
スポンサードリンク

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル
 
 

このブログ記事について

このページは、kari777が2009年1月21日 12:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症体験談 9: 副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症はあと一週間(3才5ヶ月 12/4)」です。

次のブログ記事は「番外編: 細菌性の風邪とウィルス性の風邪の違いと治療法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en