03慢性副鼻腔炎=蓄膿症の症状の最近のブログ記事

DSC04129_thumb.jpg 

 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症(ちくのうしょう)の症状


としては、鼻水、鼻詰まり、横になった時のセキが上げられます。

 

 

 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症(ちくのうしょう)の場合、


鼻水は、ねっとりとしていて、出て来にくく、鼻の奥に溜まったり、


粘膜が腫れたりします。

 

 

 横になった時に出るセキは、鼻の奥に溜まった、粘り気のある


鼻水が、のどの奥に落ちてくるのが原因です。


 

 

 慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症(ちくのうしょう)は、


鼻が詰まっている事で、頭痛肩こり、さらには、嗅覚障害や、


味覚障害も引き起こします。

 

 

  慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症(ちくのうしょう)が


長引くと、中耳炎気管支炎になる事もあるので、早めに耳鼻科を


受診して治療する必要があります。

 

 

慢性副鼻腔炎(ふくびくえん)=蓄膿症(ちくのうしょう)の症状一覧


 ○鼻づまり

 ○鼻汁

 ○セキ(横になった時)

 ○頭痛

 ○肩こり

 ○嗅覚障害

 ○味覚障害

 ○中耳炎

 ○気管支炎

 

仲間が沢山
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
スポンサードリンク

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル
 
 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち03慢性副鼻腔炎=蓄膿症の症状カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは02慢性副鼻腔炎(ふくびくうえん)=蓄膿症とは?です。

次のカテゴリは04慢性副鼻腔炎=蓄膿症の治療です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-en